平成29年度幹事会議事録

投稿日時:2017年05月22日 16:45
お知らせカテゴリー:総会・幹事会

平成29年度 定例幹事会議事録

(記録 丘 雅博)

日時 平成29年5月14日(日)10:30~12:30
会場 東京都立久留米西高等学校 会議室
招集通知424通
所在不明返信19通
計405通
欠席委任状52通
出席9名
議決数61
司会進行 早尾 浩聡

 

 

  • 同窓会長の挨拶 益子 久
    出席者が少なくさびしい会になりましたが平成29年度幹事会を行います。多くの意見をいただき活気のある会にしてゆきたいと思います。

     

  • 東京都立久留米西高等学校長の挨拶 小笠原 和彦
    宮澤学校長は立川の学校説明会に出席のため副校長の私が出席をしました。異動してまいりまして同窓会の皆様から大変多くの支援をいただきまして感謝しています。土曜講習も数年目を迎え最近の実績を見ますと見直す時期に来ていると考えます。教職員の協力の基、進路指導にも力を入れ学校運営に取り組んで参ります。益子会長(補足)土曜講習は小橋川学校長時代から、センター試験を目標に5教科で学校の教員が教えることで始まりました。山本学校長時代に土曜講習も2年生だけでなく1年生にも行いたいということで同窓会が1年生対象の土曜講習を平成24年度から受け持つこととなりました。現在は1・2年生を対象に行っています。小田切幹事 見直すことは良いことでよく考えて成果に繋がるように行ってほしい。早尾幹事 実数を考えるともっと有効で成果のある方向になってほしい。益子会長 昨年度まで学校にいました。生活指導は落ち着いて以前のようなことはなくブルーのYシャツは久留西というイメージがあり、部活動も活性化し、今日試合しているテニス部の成績も上がっています。前川原学校長は進学率を上げようと努力しましたが、進学としては指定校とOA受験が多く1月2月まで勉強して受験する生徒は極少数、その中で生徒同士の気持ちもあり、センター試験に向かう気持ちが少なくなっています。進路指導も変わり受験に向けて努力を進めているようなので、今後も母校を見守って行きましょう。小笠原副校長 生徒の家にパソコンがない生徒も多く、スマホや学校のパソコンを利用した進路指導も進めています。今後も努力して参ります。

    丘幹事 学校経営シート(学校のHPより)の生徒学校満足度についてお聞きしたい。学校の満足度って何でしょう。私はこの学校で楽しかったし、良かった!

    中里幹事 ただ単に4大進学率だけを考えるのではなく、将来を見据えた目標を持って進めることが大切で、高校でやってきたことを大学で生かし将来の就職に持ってゆく、今までにもそうして社会で活躍している人も多くいる。生徒が目標を持って高校生活を過ごせるよう努力をお願いしたい。学校が楽しかったし、だからこうして幹事会にも来ている。

    小笠原副校長 近隣の学校などとも連携して研究授業も行い、今後さらに深めてまいります。

    石丸幹事 総会でも話があった卒業生にも有名な方がいるので、そうした方を呼んで講演会を実施してはどうでしょう。そうして学校を盛り上げることも必要です。

    小笠原副校長 貴重なご意見をありがとうございました。

    *数々の意見が出ました。幹事の皆さん母校への思いは変わらず、熱く語っていただきました。今回、幹事の出席が寂しい状況ですが同窓生の皆さんも次回は出席をしていただき、母校の発展にご協力ください。

     

  • 平成28年度
    ①事業活動報告
    総会・創立40周年祝賀会反省 益子 久
    出席者が120名前後、1~40期でみると当初の数より大きく下回り、若い世代の参加者が少なかったのが残念です。やはり若い世代では縦の世代とのかかわりに抵抗があるように思われます。50周年に向けて若い世代にも参加して貰う所が大きな課題になります。学校での同窓会認識が薄いようで、現教職員や生徒に同窓会活動を理解してもらい、未入会の同窓生を無くしてゆくことも大きな課題です。早尾幹事からもありましたが、部活動が活性化してきたならそれにも何らかの形で支援を行うこともよいと思います。50周年に向けて更なる努力が必要だと反省しています。
    小田切幹事 若い同窓生で一人の参加はとてもいたたまれなかった。せめて現職教員の参加があれば変わったと思うし、残念だった。
    丘幹事 同窓会事務局の案内発送が当初予定より一か月遅れ、現職教員にも発送していないことが判明、再発送依頼の対応もこちらで行った。案内発送は後手に回り、苦情処理も行い、さらに一人参加のクラスへの案内ハガキや未成年参加者の無料案内ハガキの発送などすべてこちらで行った。同窓会事務局の信頼性に疑問を感じています。結局は外部を使っても苦情処理はこちらになりました。別途企画会社を使う手もありますが大変なことです。次回50周年には学校の創立50周年(6年後)に合わせて祝賀会を催す方が現職教員の出席も多くなり、開催しやすいと思う。永井幹事 祝賀会に前後して同期会などもあったようでもっとウェブを使って交流を深めることも考えた方がいい。丘幹事 HPは開設していますが、個人情報の保護もあり特にフェイスブックやツイッターなどの開設は考えていません。ウェブの良さもわかりますが安全を重視するのと誰が管理するかに大きくかかってきます。現在同窓会事務局に管理委託していますのでセキュリティーなどは事務局側で掲載はワードで送り掲載する形です。確かに同窓会でHPを立上げれば使いやすいのですが管理を誰がやるかで問題が出ます。今後民間のHP会社を使うことも考えられると思います。HPの「問い合わせ」はリンクしていますので返信などできる状態です。今後は会報を定期的に出すことで交流を深めたい。

    ②会計報告
    創立40周年関連決算報告 丘 雅博
    決算報告は別途「総会・創立40周年祝賀会決算書」を出しました。「平成28年度会計報告」として大きな収入は定期を2件解約しています。支出は、総会・創立40周年祝賀会と同窓会事務局委託費・土曜講習・講演会・在校生関東大会・インターハイ出場・50周年積立金などになります。(詳細のHP掲載は控えさせていただき、次号楢友会報にてお知らせします)

     

    ③監査報告 永井 聡
    4月23日、堀井幹事とともに会計監査を実施した結果、適正であることをご報告いたします。

    平成28年度決算を幹事会承認

     

  • 平成29年度
    ①度事業活動案

    土曜講習平成29年度終了について 益子 久

     

    先ほど副校長先生より説明の通り、今年度で土曜講習は終了します。また学校側からの話があった段階で考えます。その他会報発行と講演会支援になります。

    ②事業活動予算案
    楢友会報第11号発行・寄付金の募集について 丘 雅博
    今年度は総会・創立40周年祝賀会もありましたので会報を発行します。その予算があり、また、同窓会入会費だけで会を運営するのにはそろそろ限界と思い、会報で寄付金や広告収入をお願いします。石丸幹事 同窓会費は任意で会費を徴収するのは良いことで、50周年も控えているし収入の目標などはありませんか。

    丘幹事 今回初めてなのでどれだけ集まるか分かりません。ただ、同窓会員が1万名を超え、郵便発送だけで70万円近くを要することは会の運営としては寄付金が重要になってきます。
    平成29年度活動計画を幹事会承認

     

  • 同窓会事務局委託について
    益子会長 同窓会事務局との契約は3か月前までということですので、それまでに呼んで話をしてみたいと思います。他の同窓会企画会社もありますので聞いてみます。
  • 平成28年度役員選出
    同窓会役員一覧のページへ
幹事会

幹事会